自己処理の脱毛によるお肌の炎症に注意

強そうな毛を力を入れて引っ張ったり、むだ毛の流れに反対に剃ったりすると特に熱を持っていると思ったことはありませんか?

あれは肌が炎症を起こしかけている前触れ。

ムダ毛処理のせいで肌をとても痛めているのです。

また、プロのエステなどで処置してもらってもやっかいな炎症は絶対に無いとは限りません。

医療クリニックとかサロン、美容外科では光など熱を出すものを用いて処理します。

処理のアフターケアは徹底的に冷却しないとヒフの熱は冷えません。

炎症を起こしかねないのです。

このように、自己処理と炎症はいつも付きまとうもの。

どうしたら炎症にならないで済むかを調べておくことが大切です。

脱毛する上で考えたい警戒しないといけないことですが、ご自分の体毛を自己処理するのに毛抜きで抜いていた人、むだ毛をご自分でカミソリで剃っておる人は、大多数いらっしゃいます。

抜いたり剃ったりした後の肌が体温が高く考える人も、お手入れしている人に伴ってたくさんいらっしゃいます。

力づくでムダ毛を抜いたことでストレスのかかった毛穴が軽い炎症を起こし、毛穴の炎症が次第に酸化して色素沈着をし黒ずんだり赤くブツブツと毛穴が目立っていくようになってしまいます。

そうして、脱毛した後の足の黒ずみや炎症、発疹など、逆に目立ってしまい新たな悩みとなってしまっている女性はとても多いのです。

電気シェーバーでするムダ毛処理はとてもラクですが、この方法もまた肌への負担は大きいのです。

実際はシェービングによりムダ毛を除去するだけにとどまらず肌表面までダメージを与えてしまっているのです。

小さくたくさん傷ができた角質は乾燥を誘い毛穴を開かせてしまいます。

なのでシェービングでの除毛も、毛穴が目立つもとになるんです。

肌の炎症を避けるために、まずは十分に肌の熱を取ってあげます。

自分で処理をされている場合は家にある保冷剤が良いでしょう。

十分に熱が取れたら、次は保湿。化粧水などをふんだんに使いましょう。

エステとかサロンまたは、美容外科ではこういったアフターケアは、普通は、料金に含まれていますが、自分で処理している場合は自分で行わないといけないことです。

浴室でムダ毛処理をしている人は多いと思います。

でも入浴中の肌はふやけているのでシェービングに負けやすい状態です。

その状態だと毛穴まで傷つけてしまう可能性も。

毛穴ケアを考えたムダ毛処理なら入浴後、シェービングクリームを使うことをおススメします。

石けんなどは滑りすぎてしまい、けがのもとになるので注意しましょう。

レーザーを使用する脱毛は重度であるアトピー性皮膚炎など肌質によっては適さない人もいます。

日焼けしすぎて酷い人や元々の肌の色が黒い人も向いていないそうです。

レーザー脱毛をする前には病院で医師の診察を受け、肌質やその他の体質的問題、健康や病気のことなども含め疑問や質問は聞くようにしましょう。

皮脂分泌が過剰なことが引き金となって起こる場合が多いのですが、脚では、さほど皮脂分泌は多いとは言えない場所です。

そうなんです、脚の毛穴の開きが目立つのは皮脂汚れがもとになっているのではなく、間違ったムダ毛の処理を長い間続けてきたことによる炎症や色素沈着が起きてできてしまったものが多いです。

最近のレーザーを用いた脱毛は毛と毛根に作用し、根こそぎ半永久的に脱毛可能なんです。

エステサロンでの脱毛や皮膚科やクリニックでの光脱毛は一時的にコストがかかりますが、肌をキレイな状態のまま脱毛することができる最良の手法といえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ