脱毛後の生活、肌の状態に気を付け脱毛方法を見直しましょう。

脱毛はお肌にダメージを与えることをしているのですから、やはり生活のリズムには気を使った方がいいです。

もし、脱毛が原因で肌が少し荒れても、規則正しい食生活で新陳代謝が活発になって、自然とキレイな肌を取り戻せます。

特別な美容ケアをしていなくても、美しいお肌の女性はいます。

もっと言うと男性も。一度艶めいた肌を体験したら、これからずっとそんな状態をキープしたいと思いますよね。

では、どうしたらこのツルツルの肌でい続けられるのでしょうか。

それにはまず肌のメカニズムをお話していきます。

世間一般にお肌と思われている皮膚部分の分厚さをご存知ですか?

その厚さはたった0.4~1.5mm程度の薄さです。

その0.4~1.5mmの部分を表皮と呼んでいます。

剃刀を使って肌が荒れてしまったという人は、カミソリの刃が原因だとも考えられます。

カミソリの刃が直接肌にあたって荒れてしまったということが考えられますが、剃刀をどのように肌にあてたか覚えていますか。

お手入れしにくくて何回も剃ったりしませんでしたか。

毛の流れに逆らって剃ってはいませんか。

こんなことでも肌は荒れてしまうのですが、もしもどれも該当せずに荒れてしまったのなら、それはカミソリの刃が肌に合わないということでしょう。

しっとり感のある例えばワックスなどにアレンジしたら良い結果が出るかもしれません。

初めて脱毛したら、考えてみて欲しいことがあります。

それは、今のこの脱毛方法は自分に適しているか?ということです。

むだ毛を苦労して毛抜きで抜いた後、毛穴がプツプツと赤くなってしまったことのある人は多いことでしょう。

赤くなったということは皮膚がダメージを受けているという証拠です。

だから、別の方法を考えなおす必要があるでしょう。

自己処理をしても、プロの手で処理をお願いしても、肌がストレスを受けていることに変わりはありません。

肌へのダメージは表皮へのダメージと同じ。

わかりやすく言うと、自然とはがれ落ちるのではなく強制的にはがしてしまい、さらにせっかくセラミドが保持している水分を半ば無理矢理奪ったことになるのです。

・・とりあえず大切なのは日焼け止めをきちんと塗る事です。

朝塗った後一日中効果があると思ってはいけません。

こまめに塗りなおすことが大事です。

また、アームカバーとか日傘等を使うのも効果的な手段でしょう。

露出を非難するわけではありません。

極力日にあたらないようにする努めることが必要なのです。

大切なことのひとつとして考えるのが、脱毛した後の生活についてです。

定期的に脱毛し、保湿だけきちんとすれば、それで十分と言えるのでしょうか?それは違います。

肌へのダメージは保湿のみで全てなくなる訳ではありません。

例えば日焼け。薄着になる夏に向けて一生懸命に脱毛したら、夏に肌を露出したい!と感じてしまうのは極めて当たり前です。

でも、そうしてしまうと肌は日の光にがんがんさらされて肌のダメージがひどくなります。

むだ毛を処理したらトラブルはたくさん生じます。

それらを一時的なものだろうと気に留めないと取り返しのつかない事態を引き起こすかもしれません。

脱毛処理した後は一度丁寧に自分の肌と向き合ってみて、この方法が自分に良いものかどうか話しかけてみましょう。

あなたに寄り添うケア法が見つかるかもしれません。

表皮は1ヶ月ほどではがれ落ち、次に新しい表皮が前に出てくるような仕組みです。

表皮のうち最も表に出ている部分はたったの0.02mmほどしかなく、セラミド成分が細胞をつなぎ合わせています。

このセラミドがつなぎあわせてくれている皮膚は水分をちょうどよく含む好ましい状態だと言えるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ