知っておくべき毛の基礎知識

私達が無駄と考える「むだ毛」と呼ばれる毛。(顔)(脇)(ビキニラインなど)。

不要な毛として処理されていますが、そのもともとの、毛の構造については知らない人も多いのではないでしょうか。

毛は表皮から上の部分を「毛幹」といいます。表皮より下の部分を「毛根」といいます。毛根部の一番下のふくらんだ部分は「毛球」といい、この先端部にあるのが「毛乳頭」です。この毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させます。

つまり、毛乳頭の毛母部分が毛髪の発正や成長を司っているため、毛母細胞がある限り、いくら抜いても毛は次々と生えてくるのです。

そこで永久脱毛することになるのですが、焦点は毛の育成の中心組織である毛母細胞におかれます。一番、一般的なものが、レーザー処理で、この毛母細胞を破壊して毛が再生するのを防ぐ方法です。

このレーザー処理には痛みが伴うため、それを理解した上で処理を受ける事が、大事です。あと、毛の特性として、性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなることもあります。個人差はありますが、元々、生えてくる毛の数は母親の胎内にいるときに決まってしまうという事なのです。

しかし、男性の場合、男性ホルモンの影響で、毛が濃く、太くなることがあります。女性が更年期、ホルモンの働きが弱くなり毛が薄くなる時期に、逆に、男性は、体毛が濃くなる、という事があるという事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ