日焼けと乾燥は脱毛の敵です

脱毛をしたいとお考えなら、乾燥と日焼けにはかなりの配慮が必要です。脱毛に起因する炎症がお肌にとって負担なのと同じように、日焼け、すなわち軽いやけどによるお肌の炎症も悪い影響を及ぼします。

このような炎症が起きている状態で脱毛を無理やり行ってしまうとどうなるか、分かりますか?脱毛の施術自体もお肌にとっては負担なのに、日焼けして元々弱っているお肌での脱毛は、何らかのトラブルを招く可能性がより一層高くなります。

お肌の乾燥も気を付けてください。日焼けしていると、お肌の潤いが瞬く間に失われていきます。夏の暑い日は洗濯物が早く良く乾きますし、コップに入れた水は早く蒸発してしまいます。日焼けしたお肌はこれと同じだと考えてください。お肌は日焼けをすると普段蓄えているお肌の水分がたくさん失われています。それに加え脱毛後のお肌は熱を帯びています。処理後のクールダウンと保湿はサロンでやってもらえますが、脱毛前から日焼けで水分がたくさん失われていると、乾燥の程度がひどく、サロンで行われる保湿だけでは全く足りなくなってしまうのです。

脱毛を想定していなくても、日焼けはお肌にとって大敵です。脱毛をする予定がすでに決まっている人は絶対に避けてください。日焼け予防をしっかり行うことで、ツルスベお肌を確実に手に入れられるなら頑張る価値はありますよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ