寒い冬に臭ったら

寒い冬、服を脱いだ瞬間「あれ?私ってなんだかニオってない?」と思ったご経験はありませんか?

汗は夏にかくものですが、実は冬は対策をサボっている方も多いです。冬でも体臭対策は油断しないでください。実は夏よりも臭うこともたくさんあるのが冬なのです。

夏よりも脱湯の方が少し動いただけでも汗をかきやすい事実があります。冬はその外気温によって身体が頑張って体温を上げようとし、結果平常時の基礎体温が高いのです。また冬は重ね着をすることで、どうしても通気性が悪くなりがち。ニオイもこもりやすくなるという悪循環が、冬のニオイ問題の犯人です。

ニオイの原因は汗や皮脂を餌として増える皮膚の最近です。あの不快なニオイは細菌が汗や皮脂を分解して出てきます。何が言いたいかというと、ニオイは季節に関係ないのです。

ニオイを発生させないポイントはやはりニオイの原因となる汗をできる限りこまめに拭き取ることでしょう。吸水性の良い服とよく言いますが。汗が服に吸収されると、皮膚と最近との接触時間が長くなりニオイが発生しやすくなります。汗は服に染み込ませず、早く拭き取る…これがポイントです。

ワキのムダ毛も同様です。少しでも体臭をマシにしたいなら脱毛をお考えください。
 

 

kuwasiku_450_85

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ