埋没毛に注意

埋没毛とはピンセットなどでムダ毛を抜いていてつい誤って皮膚を傷つけてしまった際、その皮膚はなおるためにかさぶたを作り、かさぶたの中で毛が成長してしまった結果、かさぶたが治ったあとの皮膚の内側で毛が伸びていう状態です。

埋没毛で針のように尖った毛先は、成長していく向きを間違えて、また皮膚の中に入ってしまうんです。

皮膚の内側で毛が伸びていく驚きの結果になってしまうのです。

埋没毛が発生したらどうしたらよいのか?

出来てしまったものは「放っておく」という反応が多いようです。

埋没毛を変に取り除こうとすると、毛穴や皮膚が傷んで雑菌が繁殖します。

傷がその分深くなると、埋没毛も深い場所にできるので、悪循環です。

つまり、出来た埋没毛の最も適した対処法は「そのままにしておくこと」です。

埋没毛は、放っておいたら、自然と毛が伸びて皮膚表面に毛が出てきます。尿素クリームは角質ケアに使われる保湿クリームで尿素が配合されたものです。

尿素は古くなった角質をほぐして浸透していきます。

角質の硬いところでしたら、尿素はおすすめです。

ただ、柔らかい場所に尿素配合のクリームを使うことは、必要な角質も破壊し浸透してしまうので、使うことをおすすめできません。

お手持ちのクリームでワセリン配合など、肌の上に一枚膜を作って保護するような保湿ケアアイテムから使えばよいでしょう。

クリームを使ったムダ毛処理というと、除毛クリームも存在します。

毛を抜くことはしないので肌にとてもマイルドな気がしますが、そうではありません。

表皮に出ている毛を溶かし弱めるため、非常に強いアルカリ性の薬剤で出来ています。

見た目には何もわからないですが、肌に強アルカリ剤が触れると表皮が毛羽立ち、大変乾燥しやすくなるので、自己処理する際には気を付けたほうが良いですね。

処理前、クリームなどで肌を保湿することで、肌の修復する能力が保たれます。

処理中に専用のクリームを塗ってから剃れば、お肌へ負担をあまりかけずに剃ることができます。

処理の後は、お肌が過敏になっているので、保湿クリームを塗り、肌をやわらかく保ちましょう。

ムダ毛処理をしつつ、埋没毛になりにくく、、さらに埋もれている毛が正常に出やすい肌環境になれるのです。

脱毛に関する悩みのひとつである埋没毛が何者なのかわからない方もいらっしゃると思いますが、埋没毛とは皮膚の中で成長している毛をいいます。ムダ毛をなくしたかったら、埋没毛は仕方がない?でも埋没毛をなくさなければ、そもそも肌をキレイに見せられないですよね。

埋もれてしまった毛を処理できなければ絶対にムダ毛は減りません!どちらを優先するのか、女性としては、悩みどころです。

長期間悩んでいる方は、前向きにケアして少しでも早く埋没毛を治したい!と思いますよね。

埋没毛を見つけたら、保湿と角質ケアに注力し、毛が自然に外に生え出る肌環境を作りましょう。

保湿クリームで肌を柔らかくすることを今日から始めましょう。

埋没毛の原因とは傷や炎症で角質が毛穴を完全に塞いでしまうことです。

傷と炎症を作らなければ良いので、毛抜きなどで抜いている方は、すぐにやめておきましょう。

埋没毛を自分で解決したい場合は、消毒剤で消毒した毛抜きを準備します。

埋没毛周辺を温めて皮膚を柔軟にし、皮膚を少しだけつまんで毛抜きで抜きます。

抜いた後は必ず消毒し、状態がひどいなら美容外科などで相談の上レーザーで取ってくれます。

無理に自分で処理して悪化させないことが重要です。

埋没毛の大きな原因は自己処理です。毛抜きで抜けば、皮膚を引っ張り、毛穴を傷つけ、皮膚はかさぶたを作ります。

かさぶたは角質細胞が死滅し乾燥したもの。死んだ角質細胞をケアするのに新たな角質が補修作業に当たるため、かさぶたになった場所は角質肥厚状態になります。

その内側で新たな毛が伸びれば、角質を破れず、行き場がなくなり、皮膚の下方へ成長していくのです。

ムダ毛処理で埋没毛が出来てしまう理由は、カミソリなどで毛を剃ると、表皮の毛穴付近に特に小さな傷をつけ、それらが炎症を起こすことでも角質肥厚が生じます。

剃った毛の先端が針のように鋭くなった状態も、毛穴を傷めてしまい、そのまま皮膚の内側で育つ場合もあります。

傷や炎症などの肌トラブル、これらが角質を厚くし埋没毛を作るのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ