ワキ毛脱毛とワキガについて

腋臭治療と言えば、超音波治療やアポクリン腺を取り除く手術、薬物療法、ボトックス療法がありますが、その際ワキ毛の脱毛も行う場合があります。腋臭とは、アポクリン腺からの分泌液が原因とされていますが、それ自体に臭いはありません。しかしその分泌液が皮膚表面に出てくると脂肪分や様々な成分と混ざり、毛に付着している常在細菌などによって分解され、酸っぱいような強い臭いを発生させます。そのため腋臭治療には、アポクリン腺を手術で取り、常在細菌の住処である毛も生やさないようにすることで、臭いの原因を断つ方法がとられます。

手術後の脱毛は、麻酔が効いた状態でレーザー光を当てるため痛みがなく、しかも効率よく永久脱毛が出来るようですよ。

腋臭治療には他にも、薬物療法やボトックス療法がありますが、薬物は一時的で完治を期待できませんし、ボトックス療法は一時的にエクリン線から汗を分泌させないようにするので、多汗症の人にも効果があります。でも毛に付着している常在細菌が臭いの原因であることから、やはり脱毛は欠かせないでしょう。

超音波治療は、それだけで腋臭治療を完全に終わらせるには不十分なため、治療後にレーザー脱毛を行うのが一般的のようです。腋臭には脱毛が一番効果的ですが、脱毛が完了しても常時清潔にしておくことが大切です。

 

 

kuwasiku_450_85

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ