なるべく刺激は与えない脱毛法がおススメ

ワキガは遺伝や、生まれ持っての体質です。残念ながら自然にワキガが治ることはありません。脱毛したからといって治ることもありません。
ワキガは、アポクリン腺の大きさと数の違いです。普段ワキガではないと思っている人も、生活習慣が不規則だったり、食生活が偏っているとワキガと同じ匂いがすることがあるんですよ。

気になるワキの匂いがきつくなる・・・そんなNG習慣をあげてみます。

まずは制汗剤の多用です。ついついいい香りのするものを選んで、しょっちゅうつけてしまう制汗剤。特にスプレータイプは1日に何回も使ってしまいます。でもそれは要注意。お肌に何度も吹きつけたり、距離が近いとアポクリン腺を刺激し、分泌が活発になってしまう可能性も。常に制汗剤で毛穴が埋まってしまう事も、老廃物が排出できずに雑菌が増える原因にもなります。

そして脱毛方法にも原因が。女子の大半はワキのムダ毛を処理している事と思います。基本的に毛がない方が雑菌の繁殖は少ないはずです。でも毛抜きで強引に抜くと、アポクリン腺は強力に刺激されます。また毛穴が無理に引っ張られるので広がってしまい埋没毛の原因になります。匂いのもとになり雑菌も繁殖しやすいので、なるべく刺激は与えない脱毛法がおススメです。
 

 

kuwasiku_450_85

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ