お肌の乾燥や日焼けとアフターケアに注意

脱毛の際気をつけなければならないことの最後はアフターケアをどうしたらいいかです。

このアフターケアはまじめにするかしないかで、お肌は大きく違います。

アフターケアをしなかった場合どうなってしまうのかについて、自分で詳細を調べてみましょう。

脱毛後はお肌が大変乾燥しやすく、レーザー脱毛後はひときわお肌を保湿してあげる事が大切。

乾燥しているお肌は、皮膚の水分量が相当少なく、この状態でレーザーに当たったら保湿されているお肌と比べると強い痛みを感じてしまい、脱毛の効果も半減してしまうかも。

毎日のお手入れとして、入浴後の保湿に加え、キチンとボディークリームや乳液を使って保湿するようにしましょう。

脱毛しようとした時の注意点で特に重要なのが乾燥や日焼けです。

炎症を起こさないように注意することが大切ですので、日に焼けることに注意が必要なのはお分かりだと思います。

日焼けとは軽い火傷です。つまり、炎症を起こしているのと同じ状態だということなのです。

炎症を起こしているのに脱毛したら肌への負担が大きすぎます。

脱毛の際は乾燥も注意が必要です。日焼けはお肌の水分が失われる状態とも言い替えられます。

お日様の下にあるコップの水がどんどん蒸発していく様子を思い浮かべてください。

日焼けはこういう状況、すなわち、水分が失われて少なくなっている状態です。

肌が炎症を起こすことを防ぐためには、アフターケアをしなくてはなりません。

熱を奪って冷やすことがポイントです。丁寧に冷やすことで毛穴引き締め効果もあります。

熱を取り去るために冷やすことが肝心なのです。

しっかり冷やすことで毛穴を引き締めることもできます。

赤く乾燥した肌がヒドくなると、ちょっとした日光からの刺激も受けやすくなってしまっています。

少し赤くなっているだけの肌がもっと炎症と言われるほどの状態となることもあるので、ここまでになったら、病院で診てもらわないとキレイに治ることは困難です。

脱毛後のアフターケアは、まず、熱が難敵です。

熱を帯びた肌はなかなか通常の状態に戻れず、赤みを含んだ状態で、次の闘う相手は乾燥です。

赤みを帯びてきた肌はぐんぐん潤いを無くし、肌は粉を吹いた様にひび割れた感じになります。

肌が炎症する状態を避けるために、保湿をすることも大切。

脱毛とは、毛穴から毛が抜かれた状態なので、ここで十分に保湿してあげることは肌を良好なコンディションにしてくれる大きな効力を期待できます。

保湿といっても、お風呂の後にいつもしているような量ではなく、たっぷりと与えてあげることが重要なのです。

脱毛後の肌は熱を帯びているので、冷やす必要yがあり、保湿することも必要です。

脱毛する前に乾燥しやすいタイプだったら、脱毛後の肌はもっと乾燥がひどくなり、頑張って保湿をしたところで追い付くことはできません。

保湿が十分にできない乾燥肌の持ち主は、きらめくお肌になりたいと決めた時点で日焼けには絶対に気を付けて、肌が乾燥することから守るために入浴したらすぐに十分な保湿剤を与えて潤いを保つことを心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ